ルイヴィトンマニアのファッション通販

人気のブランド、ルイヴィトンについての情報をこと細かくご紹介してゆきます。このブログを読めばあなたもLVMHマニアです。ファッション通販やファッション雑誌にもどうぞ。
表参道ビル店の歴史


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


表参道ビル店の歴史
歴史について
ルイヴィトン表参道ビル店の歴史は、2002年9月1日に始まりました。
ルイヴィトン表参道ビル店は、ルイヴィトンの店舗としては世界最大級の規模となっています。
建築家の青木淳氏の設計で建てられたルイヴィトン表参道ビル店は、ルイヴィトンの歴史を象徴する「トランク」を積み上げたような構造になっているのが特徴です。
ビルの形をトランク型にするのは、ルイヴィトンの歴史上初のことで、さすが、ルイヴィトンのブランドとしての素敵なセンスが光っています。
1978年に、ルイヴィトンの東京支店という形で日本に入ってきたルイヴィトンですが、1981年に日本法人として、ルイヴィトンジャパン株式会社が設立され、直営店を日本国内に広げてきた中のひとつとして、ルイヴィトン表参道ビル店があります。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。