ルイヴィトンマニアのファッション通販

人気のブランド、ルイヴィトンについての情報をこと細かくご紹介してゆきます。このブログを読めばあなたもLVMHマニアです。ファッション通販やファッション雑誌にもどうぞ。
2007年02月


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トランクの「ワードローブ」
バッグについて
ルイヴィトンのバッグの中の、トランクの「ワードローブ」は、1889年の第4回パリ万国博覧会に出展され、グランプリを受賞したものです。
革新的なルイヴィトンのバッグである、トランク「ワードローブ」は、生地に最新の技術で織りとコーティングを施した「モレスキン」を使いました。
「ワードローブ」は、クローゼットをそのままトランクにしたような機能を持ったもので、その時代以降の大航海時代にふさわしいトランクでした。
また、パリのエッフェル塔は、1889年の第4回パリ万国博覧会のシンボルとして建設されましたが、当時の最新技術を集めて作られたエッフェル塔は、「鉄の貴婦人」とも呼ばれ、また細い金属の幾何学的な組み合わせで「鉄のレース細工」とも称されるほどの芸術性を備えています。
ルイヴィトンは、革新的なトランクの「ワードローブ」をエッフェル塔に見立て、写真を撮っています。
エッフェル塔は、ルイヴィトンにとって「優れた品質と意匠」を持つ存在として、また、伝統と革新のシンボルそのものと言えたのではないでしょうか。
スポンサーサイト

創業者ルイ・ヴィトン氏
歴史について
ルイヴィトンの歴史の始まりでもある、創業者ルイ・ヴィトン氏は、1835年にスイスとの国境に近い、フランス・ジュラ地方で生まれ育ちました。
ルイヴィトンの創業者であるルイ・ヴィトン氏は、将来を夢に見ながらわずか14歳でパリに向かい、トランク職人に弟子入りし、腕を磨きました。
約20年後の1854年、パリのヴァンドーム広場に近いカプシーヌ通り4番地に立ち上げたトランク専門店が、「ルイヴィトン」の歴史誕生となりました。
それまでの丸みを帯びたトランクから、これからの交通機関の発達に注目し、平らなトランクを考えるなど、当時のセレブなどに一躍評判になりました。
以来150年以上にわたり、ルイヴィトンの歴史は続き、ルイヴィトンは世界中で愛されつづけています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。